ちょっとした凹みがあるけど直してから売ったほうが良いの?

これから車を売ろうと思ったら、以前ぶつけてしまったことを思い出した…

 

なんてことは良くあることです。

車を高く売るためのコツ

 

その場合は、凹みを板金してから売ったほうが高く売れるのでしょうか?

 

結論から言うと、そのまま査定に出したほうがお得になります。

 

凹みのある車は当然中古車販売ではマイナス要素なので、若干の値下げ対象にはなります。

 

ただ、凹みや傷などは販売する側は業者なので、ご自分で修理してから売る場合と、そのまま査定に出して売る場合の金額を考えると、確実にそのままの方がお得です。

 

業者の場合は、中古車を買い取ってから修理に出しますが、業者と業者の場合は特別価格になるところが多いんです。

 

なんでもそうですが、仕入れ価格と販売価格は、当然販売価格のほうが高いですよね?

 

板金修理も買取店や中古車販売店などからしてみれば買い取った車を直す際には仕入れ価格で修理が出来るんです。

 

それを売る側で直してから売ろうとすると、板金屋さんからすれば普通のお客さんなので販売価格での提供となります。

 

その差だけでも大きいと数万円はお得なはずです。

 

これから車を売ろうと思ったら消せない小傷や凹みはそのまま査定に出しましょう!