査定士はどこを評価するのか?査定氏が査定をするときに見るポイントは?高くなるポイント安くなるポイントは?

年齢の関係などから自動車にもう乗る事はないから、

 

現在持っている愛車を買取して現金化したい場合や、

 

新車を買うために、

 

今持っている愛車を下取りか、

 

買取に出したいという場面が、

 

自動車を持っている方には出てきます。
査定士はどこを評価するのか?査定氏が査定をするときに見るポイントは?高くなるポイント安くなるポイントは?

 

この時に少しでも高値で車買取をしてもらえると、

 

今後が有利になります。

 

 

査定のポイントを抑えておけば、

 

自分で対処する事で少しでも評価額を上げる事が可能です。

 

 

車買取の時に、

 

査定士は主に外装と内装、

 

走行距離やエンジン周りなどを見ます。

 

 

趣味が旅行だったり、

 

頻繁に高速道路を走行する仕事で自動車を使用している場合には、

 

走行距離は必然的に上がってしまうため、

 

どうする事も出来ませんが、

 

外装や内装については、

 

自分で対処が可能です。

 

 

エンジン周りというのは、

 

エンジンに異音がしないかや、

 

オイルやプラグの状態、

 

改造パーツの有無などを調べています。

 

 

特に車体番号に改ざんなどをしてしまうと、

 

買取を拒否される事もあるので、

 

絶対にしてはいけません。

 

 

外装はボディの状態やタイヤの状態の事です。

 

 

ボディの色は車買取の査定を受ける時期に人気色だったら、

 

評価額が上がる事もあり得ます。

 

ボディにヘコミがあると買取金額が下がってしまうので、

 

普段の運転で単独の物損事故や、

 

バックする時に車体をこすらないように気をつける必要があります。

 

 

ボディのヘコミを査定を受ける直前に修理しても、

 

修理費用が反映するとは限らず、

 

その分だけ損する可能性もあり得るので、

 

普段の運転から気をつける方が良いです。

 

 

ボディに汚れがあると不利になる恐れもあるため、

 

洗車をして綺麗にしておく事をおすすめします。

 

 

内装はシートやフロアマット、

 

いわゆる車内の事です。

 

通常は車買取をした後、
次のお客様に販売されるため、

 

次のお客様が気持ちよく乗車できる必要があります。

 

 

特に気をつけるべき項目は汚れと匂いです。

 

 

汚れはシミや食べかすなどの事で、

 

綺麗に清掃する事である程度の修復は可能です。

 

匂いはタバコやペットの匂いがすると、

 

匂いはタバコやペットの匂いがすると、

 

マイナス評価になる恐れが十分にあります。

 

 

評価額をあげるポイントは、

 

買取してもらう数週間前から車内でのタバコやペットの連れ込みはしない事です。

 

 

消臭剤などを使用するとある程度の修復は見込めます。

 

 

自動車を購入した時についていた取扱説明所などの書類や、

 

定期点検を受けた時に貰える書類は大切に保管しておくと、

 

査定士の心証が変わってくる事があります。

 

 

きちんと保管しておく事で高い評価額が出る事もあるので、

 

各種書類は大切に保管しておくことが理想です。

 

 

自動車を下取りに出す場合と、

 

買取に出す場合での査定ポイントは概ね同じですが、

 

買取金額は買取の方が高いです。

 

その代わり、

 

安心感や手間感は下取りの方が有利となります。
査定士はどこを評価するのか?査定氏が査定をするときに見るポイントは?高くなるポイント安くなるポイントは?

 

下取りの場合、

 

新車の販売と中古車の買取りが同じ担当になる事が多く、

 

色々な質問を気軽にする事ができます。

 

 

下取りでは新車購入と中古車買取が同時進行で行われるため、

 

手間がかからず、

 

納品の方が遅くなって自動車の無い不便な時期ができるというのも、

 

起こらないのが良い面です。

 

 

トップページに戻る

 

TOPへ