車検の有無は買い取り額に影響するのか?車検は残っている方が良いの?切れいている場合は取ってから売却がお得なのか?

不要になった自動車を処分したり、

 

新たな自動車に買い替えるときなどにドライバーには二つの選択肢があります。

 

車検の有無は買い取り額に影響するのか?車検は残っている方が良いの?切れいている場合は取ってから売却がお得なのか?」
まず完全に自動車を利用する機会が今後もない場合は廃車してしまう方法です。。

 

 

しかしこの方法では処分費用が必要になるばかりで、

 

一切金銭が入ってくることはなく処分費用に充当することも出来ません。

 

 

そこでドライバーには二つの選択肢があります。

 

 

まずディーラーに引き取ってもらう方法があります。

 

しかし実際の引き取り額は満足のいかないものな場合も少なくないのです。

 

 

そこで一円でも多くの現金であったり、

 

高額査定を狙うのであれば中古自動車業者に買取ってもらう選択肢を選択することになりいます。

 

 

売却のためには中古自動車業者に査定してもらうことが必須です。

 

 

そこで問題になるのが車検の任期との関係。

 

 

@まだ期間満了まで1年以上残っている場合、

 

A期間満了まで1年未満の場合、

 

そしてBすでに期限切れの場合の3つの状況が想定されます。

 

 

査定額に対してどのような影響を与えることになるのでしょうか。

 

 

まず@のように一年以上の長期間車検満了までの期間が残っている場合は、

 

プラスっ評価につながるのは確かです。

 

これは中古自動車を買取るサイドから見れば、

 

これは中古自動車を買取るサイドから見れば、

 

点検分解などを行う手間を省略することができ、

 

最低限の整備をすれば売りに出すことが出来ます。

 

 

もちろん売却額を高くするために、

 

設定価格に応じて整備メンテナンスを行うことはあるでしょうが、

 

基本的にさほどの手間にはなりません。

 

 

従って残存期間が長いほうが査定も高くなります。

 

 

尤も買取金額が上がるといってもそれほど劇的に上がることはないわけですが、

 

中古車業者からの心証は良くなり査定も相対的によくなる事は期待できるでしょう。

 

 

次にA車検までの期限が1年未満の短期の場合はどうでしょうか。

 

 

この場合は査定額に影響することはほとんどありません。

 

 

それでは期限切れ寸前などのタイミングで売却する場合、

 

あらためて車検を通検させておいてから売りに出すのが賢明なのでしょうか。

 

 

しかしこの方策を採用することはまず無いと考えて間違いないのです。

 

 

なぜなら改めて取り直しても、

 

それに必要な費用分が査定に上乗せされることは無いからです。

 

 

例えば10万円の費用が必要になった状況で、

 

中古車販売業者の査定額が10万円を超えて上乗せされることは通常はありえません。

 

 

それではBの場合はどうでしょうか、

 

この場合は車検が切れているので公道を自動車走行することが出来無いわけです。

 

 

自動車を中古車販売業者まで搬送するためには、

 

自らレッカー車を手配するか仮ナンバーを取得する必要がありますが、

 

中古車の買取のためにわざわざ踏むほどの手間かと言うと

 

疑問が残るので現実的な選択と評価することは出来ません。
車検の有無は買い取り額に影響するのか?車検は残っている方が良いの?切れいている場合は取ってから売却がお得なのか?」

 

このような状況では自動車販売業者に依頼して自宅からトラックに載せてもらって搬送するほかありません。

 

 

この場合は搬送費用を買取り額から控除される場合があるので実質的には査定においてマイナス要因になります。

 

 

 

トップページに戻る

 

TOPへ