改造車、特別仕様車の売却時の評価は?車売却の際に改造や希少な車に乗っている場合どのくらいの査定額がアップするのか?

自動車を売却する場合ですが、

 

ノーマンの状態の方が売却しやすいです。
改造車、特別仕様車の売却時の評価は?車売却の際に改造や希少な車に乗っている場合どのくらいの査定額がアップするのか?

 

からと言って、

 

改造した車が必ずしも売却できないわけではありません。

 

 

ただし、

 

改造の仕方によってまったく売却できないこともありますので注意しなければなりません。

 

 

まず、

 

基本的にホイールを取り換えたぐらいあればまったく値段は変わらないといってよいでしょう。

 

 

ホイールの値段が高いものもありますが、

 

この点はしっかりと評価してくれる会社もあればそうでない会社もあります。

 

 

そのため、

 

売却額によってはノーマルの時とほとんど変わらないところが考えられますので、

 

結果的により高く売却したいならばがしっかりと査定してくれる専門の業者にお願いしましょう。

 

 

中には、

 

改造車を積極的に購入してくれるようなところもあります。

 

 

特にホイールはそれなりの価値が付いていますので、

 

安心して利用することが可能なります。

 

 

そのような会社は、

 

専門的なところにありますので、

 

ディーラーの子会社のような所やある程度大手のところではありません。

 

 

マイナーなところや専門的なスポーツカーやカスタムカーなどは

 

使っているところでは高く買い取りしてくれる可能性が否定できません。

 

 

一方で、ディーラーはであってもしっかりと買取してするようなこともあります。

 

 

ホイールやマフラーを取り換えた場合には、

 

枝はそれほど変わりませんのでその分損したことになるかもしれませんが、

 

それでも普通のノーマルの車と同じような金額で買い取りをしているとすればありがたいといえます。

 

 

では、ディーラーはがその自動車を販売するかといえば実際にはそのようなことはありません。

 

 

なぜかといえば、

 

実際にはオークションに出してしまうからです。

 

買い取った車は、

 

買い取った車は、

 

必要に応じて自分の会社で売却することもありますが、

 

例えばトヨタの自動車のディーラーが本土の車を購入した場合

 

トヨタの販売店では売却することが普通なりません。

 

 

このような場合には、

 

オークションに出してしまいそれなりの値段にすることが多くなります。

 

 

このように考えれば、

 

改造した車を積極的に解体しているところはオークションに出すこともありますが

 

そのまま自分の会社で売っている可能性もあります。

 

 

特に、

 

自分の会社で売却する場合には、

 

ただ買い取りする可能性がありますのでそのようなところを選んでみるのが一番です。

 

 

改造してもだめな場合がある例としては、

 

オールペイントを施してしまっている場合です。

 

 

自分でスプレーなどで落書きのようにきたなくしてしまう人はたまにますが、

 

そのような自動車はまず買い取ってくれません。

 

なぜなら、

 

すべて表面をきれいにするまでに30万円ぐらいかかるからです。

 

 

そのようなお金の自動車ならばそれなりに買い取ってくれるでしょう。
改造車、特別仕様車の売却時の評価は?車売却の際に改造や希少な車に乗っている場合どのくらいの査定額がアップするのか?

 

例えば、

 

元の値段が1000万円以上するような高級車の場合ならば、

 

安いものです。

 

ですが、

 

300万円前後の自動車の場合にはそのまま廃車になってしまう可能性も否定できません。

 

 

トップページに戻る

 

TOPへ