買取額が決まったらお金はいつもらえるの?早い業者と遅い業者はどのくらい違うのか?即金でも可能なの?

初めての買取において誰もが気になるのは、

 

買取額が決定した後のお金についてです。
買取額が決まったらお金はいつもらえるの?早い業者と遅い業者はどのくらい違うのか?即金でも可能なの?

 

査定日の当日に即金、

 

つまり即日支払われるケースもありますが、

 

実はそういう業者は案外少数派です。

 

 

査定結果が出たらその日の内にお金を受け取りたい、

 

という気持ちは誰にでもあるでしょうが、

 

実際は限られているので注意が必要です。

 

 

何故このように即金派の方が少ないのかと問われれば、

 

それは銀行振り込みでお金が支払われるからだと答えられます。

 

 

具体的には、

 

車両の買取となると査定額が高額になりやすく、

 

査定担当者が大金を持ち歩くのは非現実的だからです。

 

 

現金以外で支払ったり、

 

店舗にいるスタッフに連絡して振り込んでもらう方法も考えられますが、

 

査定を担当する身の安全を考慮してこのようになっています。

 

 

また、

 

小規模な業者だと少人数で経営を行っていて、

 

他のスタッフの手が回らないというケースもあります。

 

 

逆に規模の大きな業者においては、

 

複数の案件に関する買取額をまとめて支払った方が合理的なので、

 

後で処理されるケースが殆どです。

 

 

では次にいつもらえるのかとのギモンですが、

 

この答えは業者によって違いますし、

 

買取額によっても差が生じてきます。

 

 

一般的には早ければ2営業日以内、

 

遅くても1週間程度で振り込まれるケースが多いといえるでしょう。

 

 

即金と振り込みの両方に対応している業者では、

 

買取額に応じて支払い方法を分けていたりします。

 

 

例えば大手であっても、

 

10万円未満なら査定後に現金で支払い、

 

それ以上の金額だと後日振り込みという形です。

 

更に、

 

更に、

 

査定のスピードを重視している場合は、

 

一度お金の支払いを保留にしておき、

 

改めて売買内容を確認してから正式に振り込んだりします。
買取額が決まったらお金はいつもらえるの?早い業者と遅い業者はどのくらい違うのか?即金でも可能なの?

 

こういった業者ごとの事情がありますから、

 

即金と振り込みのように対応の差が存在しますし、

 

後者にしても日数に違いが生じるわけです。

 

 

流石に1週間待ちだと顧客が離れてしまうので、

 

遅くとも数営業日以内に振り込みを済ませる業者が大半です。

 

 

仮にもし最長で1週間と提示されたとしても、

 

その日数は余裕を持って設定が行なわれているので心配無用です。

 

 

個人営業で人手が足りていないとしたら例外ですが、

 

大手の業者であれば早めにお金を振り込んでくれるでしょう。

 

 

反対に、

 

地元の業者やあまり規模の大きくない相手に査定を依頼する時は、

 

予定通りに振り込んでもらう念を押しておくのが無難です。

 

 

というのも、

 

忙し過ぎて手続きを忘れていたり、

 

1週間以上も放置してしまうケースが実際にあるからです。

 

 

遭遇する確率は非常に稀ですが、

 

車両を買取ってもらった会社が運悪く倒産していた、

 

そんな嘘みたいなことも起こらないとはいえないです。

 

 

全国に店舗を展開するチェーンや大手ならまず心配無用ですが、

 

個人営業の小さなお店に査定を依頼する時は、

 

なるべく即金でお金を受け取ることをおすすめします。

 

 

銀行振り込みを即金に変えてもらえるかは交渉次第ですが、

 

対応力が高かったり成約したことのある業者が相手なら、

 

ダメ元で要望を伝えてみる余地ありです。

 

 

ただし、

 

あまりにもしつこくすると買取額に影響しかねないので、

 

交渉して駄目だったら引き下がるのが賢明な判断となります。

 

 

トップページに戻る

 

TOPへ