下取りと買取は何が違うの?ディーラーの下取りと買取専門店の違いとは?

ディーラーでの下取りと専門店での車買取は

 

何が違うのかと疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。
下取りと買取は何が違うの?ディーラーの下取りと買取専門店の違いとは?

 

どちらも大差ないのであれば、

 

乗り換えのときにはディーラーに引き取ってもらえばいいということになりますし、

 

完全に手放すなら専門店を利用すればいいということになります。

 

 

しかし、

 

実はこのふたつには大きな差があるので、

 

正しい知識を身に付けておかないと損をしてしまうことになるので、

 

注意をしましょう。

 

 

このふたつの大きな違いは

 

車を引き取ることをメインに据えているかどうかということが一番の大きな違いとなります。

 

 

専門店は車を買取してそれに利益を乗せて売るわけですから、

 

買取をすること自体大きな仕事に一つです。

 

 

それに対してディーラー一番の仕事といえば何かと言えば、

 

それは車を売ることであり買取をすることではありません。

 

 

スムーズに乗り換えることができなければ、

 

相手も車を買い替えづらくなってしまいますから、

 

新車を買いやすくするためのサービスの一環として車を引き取っているだけであり、

 

車を買い取ること自体目的としているわけではないのです。

 

この違いがどのような影響を及ぼすのかと言うと、

 

専門店は買取した車を高く売る販路を持っているわけですから、

 

当然査定額も高めになります。
下取りと買取は何が違うの?ディーラーの下取りと買取専門店の違いとは?

 

安く仕入れることができれば利益も大きくなるので一筋縄には行きませんが、

 

利益の出る範囲が大きいことから交渉一つで査定額が大きく跳ね上がることも少なくありません。

 

 

それに対して下取りはそもそも買取をすることを目的としておらず、

 

販路も専門店ほど広いわけではないので、

 

当然査定額もそれなりになってしまいます。

 

 

高く売る坂路がないのであれば、

 

 

高く買うことはできませんからいくら交渉をしたところで、

 

査定額が大きく上がるということはありません。

 

 

人気のある車種ほどこの傾向が強くなりやすく、

 

専門店の車買取とディーラーでは十万円単位で査定額が変わるということもあるので、

 

よく理解をしておきたいところです。

 

 

それでは下取りには何の利点もないかと言うと必ずしもそうではなく、

 

査定額に大差がない場合には乗り換えがスムーズにできますから、

 

手間がかかりませんし専門店で値がつかないような車でも

 

いくらかの値段をつけてくれる可能性があるという利点があります。

 

元々

 

元々、

 

車を引き取るサービスという側面が強いので、

 

高く売れるかどうかは二の次で引き取ることを重視しています。

 

 

そのため、専門店では全く需要がなくて価値の無いような車でも、

 

ある程度の金額を付けてくれることがありますし、

 

値引きが限界に達した時に下取り価格を引き上げることで

 

実質的な値引きに充てるということもあるのです。

 

 

人気のある車種の下取りは損になるケースが多いのですが、

 

逆に引取料が取られかねない古い車などに関しては

 

ディーラーの方が有利になるということがあります。

 

 

下取りと専門店での車買取ではこのような違いがあるので、

 

よく理解をしておきましょう。

 

 

トップページに戻る

 

TOPへ